マウント・クック

世界遺産マウントクック国立公園。ニュージーランドでの最高峰マウントクックを中心にしたエリア。

フッカー・バレー・トラック Hooker Valley Track

マウントクック国立公園で一番人気のあるウォーキング・トラック。片道2時間となり、トラックも平坦でよく整備されている。スタートより40分程歩くと正面にマウントクックの雄大な姿が現れる。その後、橋を2つ渡ると氷河湖に到達する。湖には氷河から割れた氷が浮いている事もあり、岸から触れる場合もある。11月ごろには、マウントクック・リリーが咲いている。

セアリー・ターンズ・トラック Sealy Tarns Track

ケア・ポイント・トラックより分岐し、そこら少し歩くと標高1320mのセアリー・ターンズまでの大部分が階段になったトラックが始まる。2時間ほどの登るコースの為に、体力的に少々ハードになっている。夏は特に水を沢山持って行くことが必要。終点では、真下にミューラー氷河湖、正面にマウントクックの素晴らしい景色が眺められる。

レッド・ターンズ・トラック Red Tarns Track

ビレッジから10分程度歩くとトラックの入り口に着く。ここより急な坂を1時間ほど登ると、マウントクックを中心にし、周りの山々のパノラマの景色が眺められる。セアリー・ターンズよりは体力的には軽くなっているが、トラックはほぼ上り坂。